トップページ > 新着情報 > 招聘事業 > 【ご協力のお願い】端切れ布とハサミを集めています☆

新着情報

【ご協力のお願い】端切れ布とハサミを集めています☆

 来る7月22日~23日、海外と日本のこども大使、総勢500名が参加してAPCC交流キャンプが行われます。その中で今年もアーティスト日比野克彦さんによるアートワークショップが開催されます。今年のワークショップは、「震災で被災された方々、被災地を想う気持ちを、ハートマークに込め届けよう!」という主旨で、参加したこども達がハートの絵柄をちりばめたフラッグを作成します。

日比野さんの呼びかけで始まった、被災地をハートでかざるプロジェクト「ハートマーク・ビューイング」は、リサイクル布を利用し、各自の想いを込めたハートを作り、土台となる布に貼り付けて1枚のミニフラッグに仕上げたものを繋ぎ合わせ1枚の壁掛けに仕上げて被災地に届けるというものです。APCCに参加するアジア太平洋各国のこども達と日本のこども達で取り組めば、ユニークな作品になることでしょう!

そこでAPCCでは、ご家庭にある端切れ布(古着からの布でもOK)とこのワークショップでこども達が使うハサミ(中古品で構いません)の呼びかけを行っています。いろんな絵柄の端切れを集めていますので、どんな柄でも構いません。30㎝×30㎝の正方形にカットした布と、ご寄付頂けるハサミがありましたら、7月18日(月・祝)のイベント:フォトウォーク会場に回収ボックスを準備しておりますので、ぜひお持ちください。ボックスは、受付・解散場所となる市役所前広場、メイン会場の「APCCグッズ販売」のブース横に設置しております。たくさんの端切れ布とハサミが必要となりますので、ぜひ皆さまのご協力をお願い申し上げます!!

招聘事業