アジア太平洋こども会議・イン福岡

ボランティア募集トップページ > BCIO部会

海外青年参加者向けのプログラム企画・運営をサポート!

こんな人を募集します!

学生から社会人まで英語を使ってボランティアをしたい方!


活動期間

2014年1月~2014年7月


活動頻度

・月1回の会議(主に平日18:30以降)
※招聘事業が近くなると開催回数が増えます。
※特に招聘期間に関しては、ピース大使プログラム(7月12日~16日予定)の参加を優先していただける方歓迎。
※OMOIYARIキャンプ部会との掛け持ち要相談。

BCIO部会のご紹介

APCC20周年、BC発足10周年を機に、各国の同窓会組織ブリッジクラブ(BC)を取りまとめるブリッジクラブ国際組織(BCIO)が設立されました。BCIO本部では、ブリッジクラブの更なる発展に向けての問題解決、活動支援、情報発信等に日々取り組んでいます。BCIOボランティアの方には、主に夏の招聘事業で行われるピース大使プログラムの企画・運営のお手伝いや、交流キャンプやイベント等ピース大使が関わる行事の担当する各部会との連携をとって活動をして頂きます。
企画段階のミーティングは日本語で行われますが、期間中の会議やピース大使とのやり取りは基本的に英語で行われます。こども会議への熱い想いを持った、行動力のあるアジア太平洋の若者達と親交を深めてみたいという方、学生から社会人まで年齢を問わず歓迎しております。


ボランティアリーダーからのメッセージ

この部会は、海外からくる青年(16歳~35歳くらい)を対象としたプログラムの企画・運営やその海外のメンバーとのやりとりを中心とした活動となります。こどもではなく大人を対象としており、また違った角度でこども会議に関わる事ができます!
英語を活用したい方、こども会議の同窓生である大人の方々とやりとりをしてみたい方、お待ちしています!

増田部会長

お申込はこちら

ボランティア活動アルバム

  • ピース大使 ホストファミリー対面

  • プレゼンテーション

  • 全体ミーティング

ボランティア体験者の声

谷 美穂さん

毎年400人以上のこども達を受け入れ、思いやりの種をまく。その芽がでて花を咲かせたのがBCIOの活動であり、海外メンバー達はAPCCの財産です。今年は一般の人達も、このメンバーと関わり刺激を受けてほしいと新しいプログラム作りに参加させて頂きました。英語を話せるのか?目標が高すぎるのでは?と心配しましたが、当日は皆キラキラした眼で、頑張っている姿をみて、日本人参加者達を誇りに思いました。私もまだまだ勉強しなきゃなと思いました。ありがとうございました。

部会に対するQ&A

Q : ピース大使とは
A : ブリッジクラブを立上げ、中心となってその活動を担うリーダーがピース大使です。
過去のAPCC参加者の中から、ブリッジクラブ活動の推進に意欲があり、リーダーとなりうる人を、毎年こども達と同じ時期に再招聘し、リーダー研修やピース大使間のネットワーク作りを行っています。
Q : 部会のボランティアは何をするのですか?
A : キャンプ中でピース大使のサポ-ト、食事のチェック、写真撮影、その他運営サポートをしています。
Q : 全部PAプログラムに参加できません。どうしたらいいですか?
A : 参加できる時に、参加して下さい。わからないことがある時は、サポートします。
Q : 英語が話せないと参加できませんか?
A : 英語力は必須ではありませんが、自分の英語力を活かしたい!また、参加することによって英語力を今後伸ばしたい!という方が登録されています。皆さんのご登録お待ちしています!
  • APCC組織図
  • 年間スケジュール
新規ボランティア募集!お申し込みはこちら
矢印