アジア太平洋こども会議・イン福岡

ボランティア募集トップページ > スクール交流部会

子どもたちが福岡の小学校で1日交流する「スクールビジット」をサポート!

こんな人を募集します!

国際交流を今後学校に取り入れることに興味のある方
教員志望の方や英語・アジア太平洋地域の言語に興味のある方
地域貢献に興味のある方


活動期間

2017年11月〜2018年9月


活動頻度

・月に1~2回の部会(主に平日昼間もしくは18:30以降)
※内容は同じため、昼部会・夜部会の都合のよいほうに参加
※4~7月にかけては開催回数が増えます
・7月17日(火) スクールビジット事業当日

スクール交流部会の紹介

福岡の小学生と海外の子どもたちとの一日交流プログラム「スクールビジット」の企画を学校や教育委員会と協力しながら行い、「スクールビジット」当日(7月17日(火))は学校での運営をサポートします。福岡の子どもたちに異文化交流の機会を創出し、小学校を中心に異文化を理解しOMOIYARIの心あふれる地域づくりに貢献することを目指す部会です。学校での国際交流に興味のある方、教員志望の方や英語・アジア太平洋地域の言語に興味のある方も歓迎します。


ボランティアリーダーからのメッセージ

福岡の多くの子どもたちにとって異なる国や地域の同世代の子どもたちと触れ合うことは、まだまだ一般的であるとはいえません。一方で異文化交流を体験した子どもたちからは、外国語に興味を持ったとか、自分も外国に行ってみたいという声や、何気ない日常にある自分たちの文化について気付いたという声も聞こえてきます。そして小学校の先生方からも多くの感謝と今後も事業を続けてほしいとの期待の言葉をいただきました。
この交流事業をきっかけとして一人でも多くの子どもたちの世界観が広がり、その可能性を大きく伸ばすきっかけ作りができたら素敵だと思いませんか?
少しでも興味がある方は是非「スクール交流部会」を一度覗きに来てみませんか?皆様の参加を心よりお待ちしております。

森田 昌美部会長

お申込はこちら

ボランティア活動アルバム

  • 学年全員でお出迎え

    学年全員でお出迎え

  • 児童の出し物

    児童の出し物

  • クラスごとの交流

    クラスごとの交流

ボランティア体験者の声

石井 真希さん

これまでに何度かホストファミリーを経験してきましたが、その度にいつも周りでボランティアの方々に支えていただいていました。何か私にも出来ることがあれば…と思い、今年初めてスクールビジットのボランティアに参加しました。
スクールビジットは、福岡に住むたくさんの小学生が海外からやってくるこども大使と直接触れ合うことができる絶好の機会です。今回小学校での1日交流のサポートをしながら、子ども同士の心温まる交流風景、小学校をあげての行き届いた素晴らしいおもてなし、学校で過ごすこども大使の1日の表情の変化などを間近に感じることができ、とても貴重な経験をさせていただきました。当日の交流がスムーズで有意義な時間になるように、数ヶ月前から小学校の先生方と一緒に準備を進めていく楽しさもあり、これまでのホストファミリー体験とはまた違った角度からこの招聘事業を楽しむことができました。
スクール交流部会には私と同年代の主婦ボランティアの方も多く、和気藹々とした雰囲気で、無理なく参加出来ることも魅力です。ぜひ一緒に「子どもたちが世界に目を向けるきっかけ」を作るお手伝いをしてみませんか?

部会に対するQ&A

Q : 「スクールビジット」って何?
A : 福岡にやってきたアジア太平洋の国・地域の子どもたち (こども大使) が、ホームステイに入る前に、国・地域ごとに小学校を訪問し、生徒たちとの交流を図る事業です。 こども大使にとっては多くの日本の子どもたちと本格的に触れ合う最初の場となります。
Q : 「スクールビジット」では具体的に何をするの?
A : こども大使と児童たちは、スクールビジット当日3~4時間程度、お互いの文化や習慣を発表・体験したり、一緒にスポーツをしたり、遊んだりと学校毎の企画を通して交流を図ります。
Q : なぜ「スクールビジット」を実施するの?
A : 「スクールビジット」は「招聘事業」や「派遣事業」に参加した子どもたちだけでなく、福岡のより多くの子どもたちに異文化交流体験を広め、グローバル人材育成のきっかけづくりを目指しているからです。
Q : 部会のボランティアは何をするの?
A : 「スクールビジット」当日の交流の準備や進行は、各学校の先生方と児童たちが行います。私たちは、学校の先生方との当日スケジュールを打ち合わせたり、学校側からの要望を聞いてAPCCでの対応を回答したり、交流がスムーズにいくためのサポートを行います。
また、スクールビジット終了後の担当する国・地域の子どもたち (こども大使) とその引率者 (シャペロン) をホストファミリーさんが迎えに来るまでサポートします。
Q : 国際交流など未経験でもできますか?
A : 全く問題ありません。学校側との打ち合わせに必要な事項は所定のシートにまとめてありますので、どなたでもきちんとサポートすることができます。
Q : 外国語が全く話せないのですが?
A : 主な活動は学校の先生方との打ち合わせなので、日本語ができればOKです。
もし英語や中国語・韓国語・フランス語などが話せる方であれば、当日のサポートにて活躍の場が広がるかもしれません。
Q : 仕事をしているのですが、活動時間はいつですか?
A : 月に一度、19時から20時30分くらいまで部会を開催しています (昼の部も開催予定) 。
各校との打ち合わせのため、事業当日までに4月以降、月に1回程度小学校を訪問しますので、7月17日 (火) の事業当日を含めて月1回でも平日に都合がつくようであれば、十分活動可能です。
  • APCC組織図
  • 年間スケジュール
新規ボランティア募集!お申し込みはこちら
矢印