ブリッジ サマーキャンプ 全体交流プログラムについて

全体交流プログラム
ブリッジキッズ交流会

福岡に居ながら世界を感じる

BRIDGE Summer Campとブリッジキッズ交流会とは

『BRIDGE Summer Camp』とは、毎年夏に世界の30を超える国と地域から招いた200人以上の11歳の”こども大使”と引率者が福岡の街全体をキャンプ地と見立て、ダイナミックな異文化交流を繰り広げる事業です。
およそ2週間の期間中、日本の気候や生活に慣れるための「オリエンテーション」、日本の家庭や学校を体験する「ホームステイ」、福岡のこども達も加わって寝食を共にしながら交流を深める「全体交流」、この3つのプログラムを福岡県内各地で実施しています。
最後に企画されている「全体交流プログラム」の期間に行われる「ブリッジキッズ交流会」には、福岡のこども達が100人以上参加しています。「ブリッジキッズ交流会」は、福岡のこども達が世界30以上の国と地域から集まった海外参加者と共同生活を通して、言葉や文化の違いを超えた交流にチャレンジすることを目的としています。
この「ブリッジキッズ交流会」に参加するこども達をAPCCでは「FUKUOKA KIDS」と呼び、毎年公募しています。

 特色・目的

① 世界中から400人を超える参加者が集うダイナミックなこどもの国際交流事業!
100人を超えるFUKUOKA KIDS(公募で選ばれた福岡県内在住の小学4年生~6年生のこども達)とBRIDGE Summer Campに参加する30以上の国や地域から集まった約300人の海外参加者が一堂に会し、様々なアクティビティーを通して交流を深める、世界に類を見ない規模の国際交流プログラムです。

②一緒に生活しながら互いの違いを超えた絆を深める!
活動中だけでなく 2泊3日の生活をともにすることで、海外参加者と言葉や文化の壁を乗り越えて交流し、お互いを理解し、友情を育むことを目指した合宿型プログラムです。

参加者募集からプログラム当日までの大まかな流れ(予定)

3月FUKUOKA KIDS募集 開始
4月FUKUOKA KIDS決定
5月第1回 事前研修
6月第2回 事前研修
7月中旬ブリッジキッズ交流会

海外参加者の国・地域 ( 予定 )

 中国・韓国・香港・台湾・シンガポール・フィリピン・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム・バングラデシュ・ブータン・パキスタン・インド・ラオス・ネパール・モンゴル・スリランカ・オーストラリア・ニュージーランド・ハワイ(米国)・ フィジー・キリバス・パプアニューギニア・ソロモン諸島・パラオ・バヌアツ・ミクロネシア・ミャンマー・ニューカレドニア・タヒチ・トンガ・モルディブ・ツバル・クック諸島・カンボジア・ 広州市(中国)・イポー市(マレーシア)・オークランド市(米国)・釜山市(韓国)・アトランタ市(米国)・江蘇省(中国)・大連市(中国)・ボルドー市(フランス)・ペルー・ホーチミン市(ベトナム)・キルギス 等 (37カ国・地域 / 47団)

2020年度 応募方法 (3月2日から募集情報公開中)

※新型コロナウイルスの感染拡大により、各所に配布・設置しているチラシから募集期間等が変更になっております。下記ページから、最新情報をご確認ください。

参加者の体験談