ホーム > ジュニアメッセンジャー
ジュニアメッセンジャーについて
ジュニアメッセンジャーとは?
こども会議では、第20回を迎える今年、中学生メンバーによる『ジュニアメッセンジャー』を結成しました。ジュニアメッセンジャーとは、年間を通じて様々な場面で、こども会議のことをPRするチームです。

このチームのメンバーは、過去にこども会議のプログラムを経験した中学生です。
小学生のときに、交流キャンプや派遣事業、ホームステイ事業などに参加した経験を生かし、その楽しさや学んだことなどを、彼ら自身の言葉で語ってもらおうと思っています。
具体的には、新聞・テレビなど、各メディアを通じての告知活動や、どんたくパレードでのPR活動などを予定しています。

また、ジュニアメッセンジャーの活動を通し、メンバー自身が異文化理解を深め、日本、福岡についてもより深く理解し、相手に伝えていけるような力を養成することも大きな目的の一つです。
ジュニアメッセンジャーのメンバーが、今後、こども会議ボランティアのリーダーとして成長し、さらには「地球市民」として、こども会議がめざす「平和と共生」という大きな目標を実現するための原動力となってくれることを願っています。

今年度のジュニアメッセンジャーは、熱き想いを持った28名の中学生で、スタートします。
みなさんも、いろいろな場面で、ジュニアメッセンジャーの姿を見かけるかもしれません。
ぜひ、暖かいお声かけをお願いできたらと思います。